肌環境を整えてニキビを撃退【誰もが羨む肌になろう】

鏡を見る女性
`

クリニックと皮膚科

整形

最初は皮膚科へ

ニキビは誰でも一度は経験したことのある身近な皮膚の疾患ですが、通常であればそのまま自然に治癒するか、薬局やドラッグストアなどで気軽に買える一般的なニキビ治療薬を使うことで治ることが多いです。ただ、思春期の時にはホルモンの分泌が活発になってニキビが一度に沢山出来たり酷い時は赤く炎症を起こすこともあります。赤く炎症を起こしたニキビは化膿しやすく、下手にいじると悪化して痕が残ってしまうのでそういった時は病院を受診して治療してもらうことが大切です。ニキビの治療はまずは皮膚科を受診してみてもらうべきです。自分ではニキビだと思っていても、調べたら湿疹だったり何か病気が原因で発生している吹き出物という場合もあります。ただのニキビなのか、それとも湿疹なのか、病気との関係性は無いのかを確認するためにもまずは皮膚科で検査してもらう必要があります。皮膚科を受診すると、主にビタミン剤などの内服薬とともに炎症を抑える軟膏が処方されることが多いです。正しく使っていれば一週間くらいあれば炎症は落ち着いて、元の肌質に戻れる場合が多いと言われています。ニキビ痕は皮膚の凹みやシミにもなりやすいので、痕が出来ないように潰すのは絶対に避けるべきです。

綺麗にするなら美容外科へ

皮膚科を受診して病的なものでないと診断が出たら、あとは治療に励むだけです。皮膚科で処方された薬でも治らなかったり、痕が出来そうであれば早めに美容クリニックを受診して治療してもらうことも大切です。皮膚科では病気との関係を調べる必要があるので最初に行くべきですが、ニキビを目立たなくしたり痕を綺麗にするには美容クリニックの方が適しています。ニキビ痕は一度出来るとなかなか除去するのが難しく、紫外線の影響を受けるとシミになりやすいです。その為、治りかけでも痕が残りそうであれば早めに治療を受ける必要があります。美容クリニックではその人の肌質に合わせて最適な治療を選んでくれるので、ニキビを目立たなくしたりニキビ痕を綺麗にしてくれるだけでなく、肌全体が透き通ったりワントーン明るくすることも出来ます。ニキビの悩みを解消するとともに、肌にも自信がつくので日々のケアも楽になるそうです。皮膚科では刺激になるようなものを避けて、髪や洗顔にも気を付けるように言われたりしますが、美容クリニックではニキビが見えにくい化粧の仕方や隠し方などを教えてくれるところもあるのでより実用的な知識を身に付けることも出来るので役立つことが多いと言われています。